辛い停滞期を乗り切る方法

停滞期であきらめてまた太ってしまったという人にお助け情報 - 停滞期とは省エネモードになっている状態です

停滞期とは省エネモードになっている状態です

ダイエットをしていると必ず経験する停滞期。この停滞期とは体が省エネモードになっている状態です。
省エネモードとは無理な食事制限をしたために、消費エネルギーを減らす体質になっていくことです。
具体的にはまず消費エネルギーの高い筋肉が落ちます。すると体重は落ちますが、基礎代謝量も落ちるので痩せにくくなります。
さらに食事を食べても消費されず、脂肪として蓄えられやすくなるのです。
このような省エネモードになっていると、同じ食事を食べてもずっと太りやすくなってしまいます。
停滞期にダイエットをやめてしまうと太るのはこのようなことが原因なのです。
一時的に体重が5キロ落ちても、そのほとんどは筋肉が落ちただけです。
リバウンドするときは5キロ全てが脂肪になってしまうのです。
落ちた筋肉は運動などで鍛えないと戻ってくることはありません。
このようになるとダイエットをしない方がよかったということになってしまいます。
ですから極端な食事制限はせずに、バランスのよい食生活を送り、筋肉が落ちないように運動もしっかりとする必要があるのです。
痩せにくいという人は筋肉が落ちて、基礎代謝が落ちている可能性があります。
ですから、運動をして筋肉を付けないといつまでも痩せにくいままですよ。

Copyright(C)2014 辛い停滞期を乗り切る方法 All Rights Reserved.