辛い停滞期を乗り切る方法

停滞期であきらめてまた太ってしまったという人にお助け情報 - 停滞期は生命の危機を感じている状態

停滞期は生命の危機を感じている状態

ダイエットを始めると、必ず停滞期というものを経験すると思います。順調に減っていた体重がってことになります。なぜこのようなことが起きるのかといえば、それは生命を維持する機能が働いているからです。現在では考えられませんが、食べるものがなかった時代があったことは知っているでしょう。人間には体重が落ちると、生命の危機と判断する機能が備わっているのです。
いままでたくさん食べていたのに、一気に量が減るのですから、体が異変を感じるのです。ですから、体重を減らさないように、現状を維持する働きがあります。停滞期なると、エネルギーの消費量が少なくなるので、自然と痩せなくなります。この停滞期はダイエットが順調な証でもありますが、体的にはとても太りやすい状態になっているのです。生命の危機を感じているときに食べてしまえば、たくさん溜めこんでしまいますからね。
ですから、この停滞期とうまく付き合っていかないと、リバウンドしてしまうことも多いです。ここで挫折してしまえば、ほぼ間違いなくリバウンドしてしまうでしょう。ですから、停滞期はなんとか踏ん張って乗り越えないといけません。そうすれば体が慣れてくるので、徐々に体重も落ちていくでしょう。

Copyright(C)2014 辛い停滞期を乗り切る方法 All Rights Reserved.