辛い停滞期を乗り切る方法

停滞期であきらめてまた太ってしまったという人にお助け情報 - 停滞期をいかにやり過ごすかが重要です

新着情報

●2014/05/13
停滞期をいかにやり過ごすかが重要ですの情報を更新しました。
●2014/04/28
停滞期と上手に付き合おうの情報を更新しました。
●2014/04/28
停滞期は生命の危機を感じている状態を新規投稿しました。
●2014/04/28
停滞期は焦らず我慢をしようの情報を更新しました。
●2014/04/28
停滞期とは省エネモードになっている状態ですを新規投稿しました。

停滞期をいかにやり過ごすかが重要です

026774ダイエットをしていると始めは順調に体重が落ちていくでしょう。しかし、個人差はあれどいずれ停滞期と呼ばれる時期に差し掛かります。
この停滞期とはそれまで順調に落ちていた体重がまったく減らなくなってくることです。
多くの人がこの停滞期がくると挫折していまいます。この停滞期を切り抜けないとダイエットに成功することはありません。
頑張ってダイエットをしているのに結果がでなければ、挫折してしまう気持ちはわかります。
しかし、これは人間の性質上仕方のないことなのです。停滞期とは体の防御本能から訪れるのでどうしようもありません。
ダイエットをすれば、食事量が減って、摂取カロリーが落ちることでしょう。
そうすると体もその摂取カロリーに合わせて、消費エネルギーを落としていくのです。
これは摂取エネルギーが減って、体が危機感を覚えている状態です。
人間は変化を嫌う動物ですので、すぐに元に戻ろうとします。この状態は脂肪がつきやすい状態でもあるので注意が必要です。
停滞期で挫折してしまうと太るといいますが、それは当然です。
いかにしてこの停滞期を切り抜けるかが、ダイエットを成功させる重要なポイントになってきますよ。

どうして停滞期があるの?

006478
ダイエットを開始した直後はどんどん体重が落ちるかもしれません。しかし、順調に落ちていた体重も突然落ちなくなってしまう時期があります。
よく言われるようにこれが停滞期です。
せっかく頑張ってダイエットをしているのに、体重が落ちないとつらいでしょう。
ダイエットを経験している人ならわかると思いますが、停滞期は最もつらい時期ですからね。
ダイエットをしているのに停滞期で体重が落ちないと不安になってきます。
サプリを利用してイートミー 口コミで調べてみると、
ダイエットをしていた反動でたくさん食べてしまうという人もいます。
逆に、ダイエット法に問題があると考えて、食事の量を減らしたり、運動の量を増やしたりする人もいます。
これは逆効果なので、ダイエット方法は継続していきましょう。
摂取カロリーがいきなり減ると、まずは脂肪がエネルギーになって脂肪も燃焼されます。
これがダイエット直後に体重が減りやすい理由です。
しかし、その状態が続くと栄養がしっかりととれていないということで、体が省エネモードになってしまいます。それが停滞期です。
少しの摂取カロリーでもなんとか生活できるような体になってしまうのです。
結果代謝も減って、どんどん痩せにくい体になっていくという現象が停滞期の理由です。

Copyright(C)2014 辛い停滞期を乗り切る方法 All Rights Reserved.